トップ «前の日記(2014-11-22) 最新 次の日記(2014-12-03)» 編集

定年退職後の人生を楽しく過ごすために・・・

enJoy セカンドライフ!
2013|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2014|01|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2015|03|05|06|09|
2016|01|03|
2017|01|03|04|09|
2018|07|08|09|10|

2014-11-30 スリランカのレジデンスビザ取得は

[ボランティア]海外旅行[ライフスタイル] スリランカのレジデンスビザを申請

私のスリランカのビザが下りたのは半年以上もかかった。ボランティア活動では、そのホストオーガナイゼイションから私を招へいする旨のレターをその管轄のミニストリー宛に書いてもらい、その後にミニストリーから外務省宛に、「この人を招へいします」とレターを書き、それからイミグレーションにて手続きを行うことになる。

そこで、初めて審査され問題がなければ、ビザが発給され、それを日本に送ってもらい、在日スリランカ大使館にてエントリービザを発行してもらう手順だ。

そして、スリランカの空港の入国審査で1か月のビザを発行してもらい、1か月後、イミグレーションオフィスにて延長手続きをすることに。

非常に手続きが複雑かつ時間を要するが、これは外国人を容易に入れない日本の手続きよりステップが多いと思う。

妻のレジデンスビザは如何に

そして私のレジデンスビザを10月に取ってから、妻のレジデンスビザを申請しようとすると、またホストオーガナイゼイションのレターが要る。しかし、これは彼らが妻を必要とするのではなく、私が招へいすることになるので、私のレターがまず必要。

それで、私の名前でホストオーガナイゼイション宛にレターを書くことになった。そこがスタートで、次に同じ手順で、ホストオーガナイゼイションから管轄するミニストリー、轄するミニストリーから外務省、外務省からイミグレーションへと進めて行く必要がある。だけど、こちらの人は、お願いしますだけでは、進まないことが多く、何度も足を運び、督促したり、相手が出来ない部分を補いながらやっと出来ることも多い。

そして、妻のレジデンスビザは1か月後になるが、まだ外務省まで行って、日付がないからとの理由で、振出にもどった。どこかでチェックが入ると初めからやり直しとなる。

結局、観光ビザで

こんなことしていたら、きっと半年はかかるだろう、と結局、観光ビザにて入国することに。後は、こちらに来て、レジデンスビザに切換えをして見る方法もあるらしい。