トップ «前の日記(2015-03-12) 最新 次の日記(2015-03-15)» 編集

定年退職後の人生を楽しく過ごすために・・・

enJoy セカンドライフ!
2013|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2014|01|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2015|03|05|06|09|
2016|01|03|
2017|01|03|04|09|
2018|07|08|09|10|

2015-03-14 なにやらもみ消しにかかって来たぞ~

[ボランティア][ロングステイ] 張り紙が変わって

昨日見ると、前に3週間ほど張っていた張り紙が消え、その代りに次の張り紙が今度は掲示用ケースの中に張られていた。

Please be advised not to be misled by the rumour spread by some unreliable source regarding water consistent with warms.
Further we have already checked the water and proved to some of the occupants that no warms in the water.
Contact Mr.Donald for further clarification.
内容は、「蛇口の水に虫が含まれていたとの不確かな情報源により広がったうわさに惑わされないようにして下さい。 更に我々は既に水をチェックし、また数人の住民には虫が水の中にいないことを証明しました。 詳しくは、ドナルドさんにお聞きください」 こんな張り紙合戦をして、一体この国の人は何を持って判断しようとしているのか、理解に苦しむ。 もし、それがうわさなら、どうして前回、会社名での張り紙をしたのか。その時、確実な証拠もなしに、不確かな情報で掲載したのなら、軽率であると言わざるを得ないが、根拠もないのなら、そのうわさが真実かどうか調べることはしないのか。(多分、しない) うわさの元を辿って、ヒアリングするなり、原因を調べるなりするのが本当だと思うし、住民も納得すると思うが。 とにかく、これでは、全く答えになっていない。虫がいたのかどうかは別としても、工事会社が住民に入居を許可したのなら、安全な水を提供するのが本来で、水質分析も何のメンテナンスもせず、井戸水を供給しているのが問題である。 それをするなら、水質分析をして安全性を示し、管理体制を提示すれば大方の人は納得すると思う。 責任者は、この建設会社にあるのだから、建設会社がキチンとそれを説明する必要がある。