スリランカ

スポンサーリンク
ロングステイ

スリランカでの家探し

家探しの苦労 1昨年より家探しには苦労している。 最初の家は、ボランティア先から提供されたガードマン常駐の敷地の広い大邸宅で、マウントラビーニアの住宅街にあった。 ところが、古いため雨漏り、漏電、ホットウォーター設備など...
ボランティア

再びスリランカへ

1か月後にスリランカへ戻る 一時帰国中に、健康診断を受け、休養(?)をしてから、また寒い日本からスリランカへ戻った。 日本に居る間、ほぼ毎日アパートメントをWEBでチェックしていた。 気に入ったアパートメントがあると、メ...
ボランティア

一時帰国で日本へ戻る

ビザの有効期限が1年なので、このタイミングで日本に帰ることになる。次に行くのは、再度レジデンスビザが発行されてからだ。 最初のビザが降りるのに、約半年以上もかかっていたが、今度はどうだろうか。1ヶ月ぐらいと言っているが、そんなにすん...
ロングステイ

アパートメントの欠陥(Ben and Nancy Tower in Wellawatta)

雨が降ると室内は洪水に このアパートメントの欠陥は数あるが、これには参った。夜中、突然の雨と強風。音が気になり起きてみると寝室、リビングルームが浸水していた。 原因は、サッシの隙間から入ってきた雨水が外部に抜けず、レールの...
ロングステイ

スリランカ人の常識レベルはかなりひどい

スリランカ人の意識の低さにあきれる。 スリランカに来て9か月になりますが、次第にこの国の嫌な面が目について来ました。 スリランカの歴史・文化などについて、仏教国らしい良い点が多くある中、それ以上に日常生活で感じる問題点も多く...
ロングステイ

スリランカビザの延長(Visa Extension)

スリランカへの入国にはビザが必要であるが、下記のWEBサイトで取得できる。 上記サイトは、2019/4月発生のテロ事件の影響で現在接続出来なくなっています。(2019/05現在) 最初に与えられるのは、30日...
ロングステイ

スリランカで感じること(その2)

どうすればスリランカは開発途上国から先進国へなれるのか 東南アジア、南アジアの開発途上国は多い。スリランカもそのひとつである。 若いインストラクターがよく私に質問してくるのは、「日本は先進国"Developed countr...
ボランティア

ボランティアの活動について

仲間のボランティアはどれくらい働いているのだろうか? 海外ボランティアを始めるきっかけ・目的はいろいろあると思われるが、どのような環境でどれくらい働くのかが気になるところ。 もちろん、派遣先により、またボランティアの活動内...
ロングステイ

水道配管はまだまだのよう!

水道は、もう諦めムードに! 水道の本管からの接続は、もう6月になりそうである。 もう何も言う気にもならない。言っても、「お好きなように」となるだけ。 次のアパートメントを探すのも難しいし、今更探しても、後1か月の(かど...
ロングステイ

スリランカで感じること

我々が海外旅行をして楽しいと思うのは、日本と違った歴史、文化、風景、生物、民族、言葉、食べ物などに触れ、新しい体験が得られるからであると思う。 そして、その国の慣習・ルールに従うのもまた旅の趣でもある。 例えば、ここスリラ...
スポンサーリンク