トップ 追記

定年退職後の人生を楽しく過ごすために・・・

enJoy セカンドライフ!
2013|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2014|01|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2015|03|05|06|09|
2016|01|03|
2017|01|03|04|09|
2018|07|08|09|10|

2018-10-21 スマホデビュー

10年の縛りが解け、ガラケーからスマホへ

これまで使っていたのが、NTTドコモのガラケー。会社から業務用に提供され、退職後もそのまま譲り受けて使っていたが、なぜか10年の縛りがあり、中途解約すると約1万円の解約金が発生するとのことで、そのまま使って来た。今年の12月でやっと10年となり、違約金なしで解約できる。このガラケーは1000円分の無料通話が付いていて月額989円だった。2か月繰越が出来るので、ほぼ3,000円まで無料で、これまで基本料金を超えての請求はなかった。ただ、ガラケーなので、アプリなどはインストール出来ず、インターネットの契約もしていなかったので、通話のみ利用していた。

スマホは楽天モバイルで契約

スマホ購入はNTTドコモ、Yモバイル、UQモバイルなどの大手から、格安スマホのmineo、LINEモバイル、OCNモバイルONE、Biglobe、Nifty、DMMモバイル、イオンモバイルなど10社以上の端末料金と月額基本料金(年額)を3年、5年後の総費用として算出した。

最終的に楽天モバイルに決めたのは、端末がキャンペーンで安かったこと、基本料金が通話SIMで1250円であったことが主な理由である。

楽天モバイルのキャンペーンを利用

楽天モバイルで行っているキャンペーンを利用して、HUAWEI nova lite2 を2台購入した。1台目9,980円、2台目1円だった。契約SIMは通話SIMの組合せプランでデータ通信は低速(200KBPS)のみで1,250円/月。2年間のトータル費用を月額にすると約1,400円となる。これで最新の端末と通話SIMが利用出来ることに。

低速200kbpsでのデータ通信が使える

LINEやSkype、Viberなどは無料通話アプリとして知られているが、これらの通話アプリでは、ビデオを使わない限り、200kbpsあれば途切れることなく会話が出来る。

一方、ニュースや音楽を聴くのも、200kbpsの速度があれば、満足できるレベルである。

したがって、家にWiFi環境があれば、動画視聴、ダウンロードなどが出来るので、外出先でWiFiがない環境で、200kbpsあれば使用には不満はないレベル。

スマホにして便利に使えるアプリ

使ってみて初めて知るスマホの便利さ。それは、これまでパソコンでしていたことがスマホで出来るようになった。パソコンでは立ち上げまで時間が掛かっていたが、スマホならすぐに使えて便利。

1.ニュース

2.英語辞書

3.音楽

4.スケジュール管理

海外旅行で便利に使えるスマホ

これからの海外旅行で多分便利に使えると思うのは、

1.Eチケット(航空券)の提示

紙で印刷したものを携行する必要がない。

2.ホテルの予約確認書

これも紙が不要の上、ホテルへのアクセスもスマホ地図とGPSで行くことが出来る。

3.現地のSIMカードを利用

現地でデータSIMカードを購入すれば、更に便利。日本への無料電話から格安での通話が利用できるほか、観光地での位置情報や観光情報の入手など。

その他、使えること

自宅のALSLを使ってのインターネット接続に加え、スマホのUSBテザリングを使えば別回線でインターネット接続が可能となる。

これは、時々必要だった機能で、これまでもネットカフェに行ったり、モデムを使ったインターネット接続を別契約でしていた。


2018-09-11 ウォッシュレットをDIYで取替えた

[リフォーム][住宅] 2002年に設置したウォッシュレットから水漏れ

約16年前に和式トイレから洋式に変え、TOTOのウォッシュレット(アプリコットC3:TCF4031R)を取付けたが、この8月に本体部から水漏れが発生した。メーカーに問い合わせると、
大変申し訳ございませんが、「TCF4030R」は生産を終了してから すでに10年以上経過しており、ウォシュレット機能部のアフターサポートも2013年6月に終了しているため、部品に関するご案内ならびに 部品交換による修理をさせていただくことがかなわないようになっております。 誠に恐れ入りますが、ウォシュレット部分の新しい機種へのお取り替えを ご検討くださいますよう、お願い申し上げます。
つまり修理は出来ないから新しく買換えなさい・・・と言うことだった。メーカーの言い分は分かるが、そんなに安い買い物でもないので、20年ぐらいは持ってほしいと思った。

しかしながら、TOTOは電機メーカーでないので、こういう電気製品の技術には弱いんだなぁ~とあきらめ、交換機種をサーチした。

Panasonicのビューティトワレがダントツに良い

TOTOを含め、Panasonic、Lixil、Toshibaなど主なメーカーの上位機種を比較して見ると、Panasonicが他社製品よりずば抜けて優れているのが分かった。

他社との決定的な違いは泡コート機能で、洗剤を使って便器を洗浄してくれる。

それでPanasonicのビューティトワレDL-AWK600に決めた。他に付いている便利な機能としては、自動便蓋開閉(人感センサーで蓋が開き、退室後自動で閉じる)、瞬間暖房便座、ナノイー除菌など。

注目すべきは、電気代で、TOTOの常時暖房に比べ、瞬間暖房便座となっているので、年間で約2,000円の節約となる。10年使えば20,000円も違うのは大きい。

購入は、インターネットでの通販。モデルは、DL-AWK600で、2016年7月発売の製品であるが、今年発売の新モデルとほとんど変わらず、値段が約50,000円も高い。(2016年モデル65,000円に対し、新モデルは114,000円)

さらに、2016年モデルは人感センサーがリモコンに内蔵されているのに対し、新モデルは人感センサーが別取付けとなっており、新たな穴あけが必要となるのが嫌だった。

取付け工事は簡単だった

  1. 既設TOTOウォッシュレットを取外す
    写真は、既設のTOTOウォッシュレット(アプリコットC3:TCF4031R)

    取外し箇所は、電源プラグ(アース含む)、給水ホース、便座取付けボルトの3か所。

    まず、電源プラグを抜き、アース線を外す。

    次に止水栓を閉め、給水ホースを外す。(カプラから抜く)

    最後に便座を外し、便器と固定されている本体固定板を取外す

  2. 新しいウォッシュレット(Panasonicではビューティトワレ)を取付ける
    施工説明書に従い、作業を進めるのであるが、

    まず、本体固定板を取付ける。

    次に本体を取付け、位置合わせを行う。

    給水ホースを止水栓と給水管の間に繋ぎ込む。

    アース線を繋ぎ、コンセントに電源プラグを差込む。

    リモコンに電池を入れる。

    洗剤を入れる。(台所用中性洗剤)

    試運転を行い工事完了。(作業時間は約2時間)

  3. リモコンの取付け

    TOTOからPanasonicに換えた時、リモコンのネジ穴ピッチが合わない。(TOTOが120mmピッチに対し、Panasonicは100mm)

    タイル壁に新たな穴を明けるのは嫌だ。

    色々考えた結果、壁とリモコンホルダーの間に15㎜の板を挟むことにした。

    この板を既設の穴で壁に取付け、板にPanasonicのリモコンホルダーを取付ける。

使用感

今回、TOTO製ウォッシュレットの水漏れをきっかけに、Panasonicのビューティトワレに入れ替えたことで、これまでにない多くの利点があった。

まず、自動開閉の便蓋で、以前は手で開閉するのが普通と思っていたが、この便利さは驚きだった。便座に手を触れることもなく自動開閉するので、衛生的でもあり、快適である。それに、電気代の節約にもなっている。

また、泡コートで除菌されるので、いつも清潔に保たれている感じがする。

使用する洗剤は台所用中性洗剤で、タンクに280ml満タンにして、一日10回使ったとしても3か月以上は持つ。

洗剤は600ml入りで約70円だったので、1か月約10円と経済的。これでお掃除の手間が省けるのはメリットが大きい。

ナノイーの除菌も脱臭に効果が期待でき、トイレ空間が気にならない。

一方、電気代も瞬間暖房便座、瞬間温水洗浄で以前のTOTOと比べ、年間2,000円の節約も嬉しい。

これだけ進化しているならもっと早く換えていても良かったのでは、と思う。

2018-08-13 健康寿命を延ばすために必要な努力

[健康] コレステロールが異常値に跳ね上がる

今年2月の健康診断で、コレステロール値(LDL)が要医療のE判定となった。昨年までは10年以上D判定(要受診)で安定していたが、ついに医者にかかるレベルとなったようだ。

健康診断を受けている医者に「どうすれば良いですか?」と聞くと「加齢や体質によるものだから・・・。薬を出しましょうか」とあっさりとした返事。

これまで毎年この医者に健康診断を受け、結果を聞いていたのに何のアドバイスもなく、要医療になって、薬を出しますと言うのは、納得がいかなかった。

LDLコレステロールを下げるための努力

そこでこのLDLコレステロールを下げるためにすべきことを調べ、次の約束事をした。
  1. カロリー過剰摂取となる間食を止める
  2. 大豆食品(豆腐、納豆、豆乳)を積極的に取る
  3. LDLの再吸収を防ぐため、食物繊維を多く取る
  4. 青魚からEPA,DHAを取る
  5. HDLを増やすため毎日運動をする
  6. 肝機能低下を防ぐため禁酒をする
これを約4か月続けた結果、HDLが3割アップ、LDLは3割ダウンした。まだ、数値はD判定だが一応の成果が見られたと考える。 上記リストの5番以外は食事に関する内容であるが、食品、摂取量なども考慮する必要があり、私の場合、カロリー・栄養素計算なども交えて食事内容を管理している。一方、5番については、これまで毎日1時間のウォーキングをしていたが、これでは不足と考え、ジムに行くことにした。ジムでは2時間ほどの有酸素運動と筋トレをほぼ毎日行って来た。

運動の驚くべき効果とは

3月末から通い始めたジムであるが、体重、体脂肪率とも見る見る低下して行った。体重は、59kgだったのが月に2kgのペースで減り、52kg代までなってしまった。これは下がり過ぎと気が付いて摂取カロリーを増やしたが、すぐには復帰せず、53kgで横ばい状態。一方、体脂肪率は18%から10%代に低下、食事を見直してからは11%代で安定状態となっている。

ちなみに、ウェスト回りも激変。84.5cmが73.8cmとなった。

体全体に付いていた皮下脂肪、内臓脂肪などは、見た目にも、触ってみても確かになくなっている。体重が軽くなったので、疲れも感じにくくなっている。血圧も上が120だったのが、100程度になっている。これらの結果は食事の効果もあるが運動によるものが大きいと思われる。

このジム通い、トータルで一日3時間を要するもので、健康維持のための必要な時間として仕方がないのかも。


2018-07-26 水道漏水検知システム - 回路図 -

[IT] 水道の漏水により、水道料金請求が40万円に跳ね上がって、ビックリしたのは、6年前の2012年10月検針のこと。

【関連記事】 水道料金にビックリ!

2017年に漏水検出システムの開発に取組んで約1年半、いろんな改造、変更を行って来た。

当初、マイコンはSTM32を使用していたが、より安価で柔軟性の高いESP-WROOM-02に変更した。

【関連記事】 水道漏水検知システム稼動
【関連記事】 ESP8266 ESP-WROOM-02がすごい!

現在システムは安定して稼働している。

[マイコン] 水道漏水検知システム回路図

この漏水検知システムは、各家庭の水道配管にある水道水供給公社が設置した水道メーターに光反射型のフォトセンサーを取り付けて、流水時の反射信号を検知し、正常使用か漏水かを検知するものである。
水道メーターの蓋を開けると、水流によって回転するローターと言うインジケーターがある。このローターは星形をしており、目視にて回転状況が確認できるようになっている。
本システムでは、このローターに赤外線LEDの発光を当て、反射光をフォトトランジスタで検出する方法を取っている。

赤外線LEDには約40mAの電流を流した時、ローターからの反射光により流れる二次側電流出力は、実測で約0.22~0.24mAであった。よって、トランジスタのベース抵抗を約3kΩとし、ベース電圧0.6Vを超える電流をトランジスタに流すようにしている。その結果、流水時(ローター回転時)トランジスタのコレクタ電圧が0.1~2.5Vに振れ、信号の取込みが出来る。

2017-09-01 海外旅行にFXを活用する

[FX] FXの賢い使い方

最近の外貨の動きは、北朝鮮のミサイルに連動しているようだ。ミサイルを打つと、円は上がり、しばらくすると戻る。この繰返しが続いている。

私の海外旅行に合わせて円高になって欲しいのに、ドルを買うときはいつも115円前後だ。次に海外に行く時にはまた115~120円に円安になっているんだろうか。

それで今ドルを買っておけばいいんじゃないか?と考えた。ドルを買う方法はいくらかある。

まず、銀行で両替する方法。これは3%ほどの手数料を取られるので、お奨めできない。(例えば、1000米ドルを買うのに110円/ドルの場合、113,000円払うことになる。

FXサイトで買って空港で受取る方法

次にレートの良いFXサイトで買って、空港で米ドル現金を受取る方法。下記のマネーパートナーで扱っている。レートは、1ドル22.5銭、つまり110円/ドルの場合、110.225円となり、空港受取り手数料として500円が加算される。これを円高時に買っておいて、空港で米ドル現金が受取れるので非常に便利。ちなみに1000米ドルを買った場合、110,725円となる。 米ドルだけでなく、他の通過もあるので、海外旅行で使う場合は重宝する。2,000ドルまで大丈夫なので、いつも1,000~1,500ドルを替えている。



FXサイトで外貨を購入する方法

次に紹介するのは、通常のFXサイトを利用する方法。これは現金化出来ないが、それなりにメリットがある。 手続きは、口座開設して、まず日本円で入金する。そして、円高ドル安になった時、ドルを買う。そして、海外旅行に出発する際、円安になっておれば、売るという方法だ。このメリットは高レートで非常にお得感があると言うこと。例えば、110円/ドルの場合、110.015円の安さ。 100ドルを買った場合、銀行なら113,000、マネーパートナーなら110,725円、FXサイトなら110,015円の順。