トップ «前の日記(2014-07-04) 最新 次の日記(2014-07-19)» 編集

定年退職後の人生を楽しく過ごすために・・・

enJoy セカンドライフ!
2013|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2014|01|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2015|03|05|06|09|
2016|01|03|
2017|01|03|04|09|
2018|07|08|09|10|

2014-07-13 火災保険を使って屋根のリフォーム2

[住宅][リフォーム] 火災保険の風水害特約による損害請求

火災保険には風水害による災害特約が付いている。台風や風雨による浸水、屋根瓦、雨戸などの損害に対して支払われる。先に、日本住宅検査協会に調査をしてもらい報告書を作成してもらった。

内容は瓦の損傷状況で、特に風雨による損害と認められるものをピックアップする。損傷でも劣化によるものは風水害による損害とは見なされないので、その辺りの判断が必要だ。

また、勝手口、雨戸、戸袋などについては、既に修理済みだったので、この写真と見積書を同時に用意して提出した。

1週間後、保険会社の調査員が現状の確認に来られ、詳細に調査、写真などを撮って帰られた。

【以前に書いた関連記事】

火災保険を使って屋根のリフォーム
火災保険には風水害による罹災に対し保険金が下りることは知っていても、実際に請求したことはない。台風の後とか大雨の後とか、気を付けて見れば屋根の瓦が破損していたり、ずれていたりすると保険金を請求して修理することが可能だ。・・・続きを読む

風雨による雨戸、勝手口の損害状況
自宅西隣りにあった県立病院が移転し、解体が完了した平成24年9月ごろから、風雨の影響を強く受けるようになり、雨戸、勝手口の損傷が目についた。・・・続きを読む