トップ «前の日記(2015-05-18) 最新 次の日記(2015-05-27)» 編集

定年退職後の人生を楽しく過ごすために・・・

enJoy セカンドライフ!
2013|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2014|01|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2015|03|05|06|09|
2016|01|03|
2017|01|03|04|09|

2015-05-25 ボランティアの活動について

[ボランティア] 海外ボランティアはどれくらい働いているのか?

海外ボランティアを始めるきっかけ・目的はいろいろあると思われるが、どのような環境でどれくらい働くのかが気になるところ。もちろん、派遣先により、またボランティアの活動内容により一概には言えないが、ここスリランカのボランティアが、どれくらいの時間活動をしているのか、紹介したい。

ボランティア活動に参加する手順は、まず、ホストオーガナイゼーション(派遣先)から日本のボランティア団体(派遣元)に派遣要請があり、その内容に沿ったボランティアが選ばれ、派遣されることになる。派遣後は、ローカルコーディネーターと言う現地の人により対応することになるが、多くのボランティアの活動状況を詳細に把握するのは困難で、問題が生じた時だけ、対応するのが一般的である。

したがって、ボランティアの活動は、派遣先の管理と言うことになり、派遣先との合意の下、活動することになる。活動内容は予め決めているので、その内容に沿っての活動時間となる。

たとえば、日本語を教える派遣先は、初級中級のクラスは地元の先生で受持ち、上級クラスのみ日本人ボランティアが教えているが、週に1クラスしかないので、週に2時間ほどの活動時間となる。

また、ある大学で土木を教えているボランティアは、週に1日1.5時間の授業を持っているだけである。

私の場合、自身の範囲で出来る仕事は自身のスケジュールで進められるが、例えば発注などこちらの人、組織、会社などが関わってくると、極端にスピードダウンしてしまう。その結果、待ち時間が多くなり、仕事が進まない日も多い。

これが現実的なボランティア活動の実態だろうと思う。

これは時に我々日本人にとって、ストレスに感じるかも知れないが、そこはスリランカ、その空白の時間をうまく使ってやって行くのが必要かも知れない。