トップ «前の日記(2018-09-11) 最新 編集

定年退職後の人生を楽しく過ごすために・・・

enJoy セカンドライフ!
2013|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2014|01|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2015|03|05|06|09|
2016|01|03|
2017|01|03|04|09|
2018|07|08|09|10|

2018-10-21 スマホデビュー

10年の縛りが解け、ガラケーからスマホへ

これまで使っていたのが、NTTドコモのガラケー。会社から業務用に提供され、退職後もそのまま譲り受けて使っていたが、なぜか10年の縛りがあり、中途解約すると約1万円の解約金が発生するとのことで、そのまま使って来た。今年の12月でやっと10年となり、違約金なしで解約できる。このガラケーは1000円分の無料通話が付いていて月額989円だった。2か月繰越が出来るので、ほぼ3,000円まで無料で、これまで基本料金を超えての請求はなかった。ただ、ガラケーなので、アプリなどはインストール出来ず、インターネットの契約もしていなかったので、通話のみ利用していた。

スマホは楽天モバイルで契約

スマホ購入はNTTドコモ、Yモバイル、UQモバイルなどの大手から、格安スマホのmineo、LINEモバイル、OCNモバイルONE、Biglobe、Nifty、DMMモバイル、イオンモバイルなど10社以上の端末料金と月額基本料金(年額)を3年、5年後の総費用として算出した。

最終的に楽天モバイルに決めたのは、端末がキャンペーンで安かったこと、基本料金が通話SIMで1250円であったことが主な理由である。

楽天モバイルのキャンペーンを利用

楽天モバイルで行っているキャンペーンを利用して、HUAWEI nova lite2 を2台購入した。1台目9,980円、2台目1円だった。契約SIMは通話SIMの組合せプランでデータ通信は低速(200KBPS)のみで1,250円/月。2年間のトータル費用を月額にすると約1,400円となる。これで最新の端末と通話SIMが利用出来ることに。

低速200kbpsでのデータ通信が使える

LINEやSkype、Viberなどは無料通話アプリとして知られているが、これらの通話アプリでは、ビデオを使わない限り、200kbpsあれば途切れることなく会話が出来る。

一方、ニュースや音楽を聴くのも、200kbpsの速度があれば、満足できるレベルである。

したがって、家にWiFi環境があれば、動画視聴、ダウンロードなどが出来るので、外出先でWiFiがない環境で、200kbpsあれば使用には不満はないレベル。

スマホにして便利に使えるアプリ

使ってみて初めて知るスマホの便利さ。それは、これまでパソコンでしていたことがスマホで出来るようになった。パソコンでは立ち上げまで時間が掛かっていたが、スマホならすぐに使えて便利。

1.ニュース

2.英語辞書

3.音楽

4.スケジュール管理

海外旅行で便利に使えるスマホ

これからの海外旅行で多分便利に使えると思うのは、

1.Eチケット(航空券)の提示

紙で印刷したものを携行する必要がない。

2.ホテルの予約確認書

これも紙が不要の上、ホテルへのアクセスもスマホ地図とGPSで行くことが出来る。

3.現地のSIMカードを利用

現地でデータSIMカードを購入すれば、更に便利。日本への無料電話から格安での通話が利用できるほか、観光地での位置情報や観光情報の入手など。

その他、使えること

自宅のALSLを使ってのインターネット接続に加え、スマホのUSBテザリングを使えば別回線でインターネット接続が可能となる。

これは、時々必要だった機能で、これまでもネットカフェに行ったり、モデムを使ったインターネット接続を別契約でしていた。