トップ «前の日記(2015-03-10) 最新 次の日記(2015-03-12)» 編集

定年退職後の人生を楽しく過ごすために・・・

enJoy セカンドライフ!
2013|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2014|01|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2015|03|05|06|09|
2016|01|03|
2017|01|03|04|09|

2015-03-11 スリランカの水は危険

[ボランティア][ロングステイ] スリランカの蛇口の水が危ない

ここラグジュアリーアパートメントと称する欧米で言うコンドミニアムに引越ししてきて良かったんだけど、何と驚くことにある日こんな張り紙がしてあった。
Tap water is not safe to drink or bath as we have found worms in the water
蛇口の水は飲んだり、浴びたりすると危険です。寄生虫を見つけました。

なんて唐突な!

明くる日、メンテの関係者に聞くと「虫は小さくて見えないので、蛇口の水に含まれているかどうか確認は出来ない。みんなは、1階にある水道水の蛇口から水を汲んで使っているのでそれをすれば良い」それで、「いつ改善されるのか」と聞くと「分からない。オーナーと建設会社の話し合いで決まるので、オーナーに聞いてほしい」とのことだった。

誰が責任者なのかも分からず、仕方なくそれを続けていたが、次第に腹が立ってくる。

なんていい加減な考えなんだろう。水は非常に大切なもので、毎日飲んだりして使うものだからと気にしているのは日本人だけなのか。

スリランカでは非常に高額を払って購入した人は文句もなく毎日水を汲んでいる。スリランカ人は水ぐらい平気なのか。とにかく、危険な水を使う訳には行かないので、毎日、水道水を汲みに降り、飲料・料理用にはペットボトルの水を使うようにしたが、一向に改善される気配がない。誰も文句を言わないし、誰も問題意識を持たない。これだから、この国は良くならないんだと思い、一度とことん追求して、埒が開かなければ、引越しするしかない。相手を変えて変わらなければ、こちらが変わるしかない。ここでの行き方を得た。

全く、問題意識の低い国だ。イギリス統治の奴隷時代の考えがいまだに身に沁みついている。