健康寿命を延ばすために必要な努力

フィットネスジムで汗を流す 健康管理

コレステロールが異常値に跳ね上がる

今年2月の健康診断で、コレステロール値(LDL)が要医療のE判定となった。昨年までは10年以上D判定(要受診)で安定していたが、ついに医者にかかるレベルとなったようだ。

健康診断を受けている医者に「どうすれば良いですか?」と聞くと「加齢や体質によるものだから・・・。薬を出しましょうか」とあっさりとした返事。

これまで毎年この医者に健康診断を受け、結果を聞いていたのに何のアドバイスもなく、要医療になって、薬を出しますと言うのは、納得がいかなかった。

LDLコレステロールを下げるための努力

そこでこのLDLコレステロールを下げるためにすべきことを調べ、次の事を守るべく、自分自身に約束した。

  1. カロリー過剰摂取となる間食を止める
  2. 大豆食品(豆腐、納豆、豆乳)を積極的に取る
  3. LDLの再吸収を防ぐため、食物繊維を多く取る
  4. 青魚からEPA,DHAを取る
  5. HDLを増やすため毎日運動をする
  6. 肝機能低下を防ぐため禁酒をする

これを約4か月続けた結果、HDLが3割アップ、LDLは3割ダウンした。まだ、数値的には、D判定だが一応の成果が見られたと考える。

上記リストの5番以外は食事に関する内容であるが、食品、摂取量なども考慮する必要があり、私の場合、カロリー・栄養素計算なども交えて食事内容を管理している。

一方、5番については、これまで毎日1時間のウォーキングをしていたが、これでは不足と考え、ジムに行くことにした。ジムでは2時間ほどの有酸素運動と筋トレをほぼ毎日行って来た。

運動の驚くべき効果とは

3月末から通い始めたジムであるが、体重、体脂肪率とも見る見る低下して行った。体重は、59kgだったのが月に2kgのペースで減り、52kg代までなってしまった。

これは下がり過ぎではないかと思い、摂取カロリーを増やしたがすぐには復帰しないで、53kg辺りで横ばい状態。

一方、体脂肪率は18%から10%代に低下、食事を見直してからは11%代で安定状態となっている。

ちなみに、ウェスト回りも激変。84.5cmが73.8cmとなった。

体全体に付いていた皮下脂肪、内臓脂肪などは、見た目にも、触ってみても確かになくなっている。

体重が軽くなったので、疲れも感じにくくなっている。血圧も上が120だったのが、100程度になっている。

これらの結果は食事の効果もあるが、食事は大きく変えていないので、運動によるものが大きいと思われる。

このジム通い、トータルで一日3時間を要するもので、健康維持のための必要な時間として仕方がないのかも。

タイトルとURLをコピーしました